2014年8月28日

医療法人社団TDC ルネス青山デンタルクリニック 小林建先生

初めまして、ルネス青山デンタルクリニック院長の小林と申します。

買原一郎先生との関係ルネス青山デンタルクリニック小林健先生
買原一郎先生は、私の母校である神奈川歯科大学歯学部体育会ラグビー部の後輩にあたります。体育会ラグビー部は、どこの大学でもそうかとは思いますが、当大学においても学内に存在する部活の中で、上下関係はじめ、練習はもちろん、飲み会までもかなり厳しいことで知られています。そこに所属していました。

卒業後のある日、そのラグビー部のOBとして久しぶりに訪れた母校での試合に顔を出した折、ひときわ目立つ眼光鋭い学生がいました。それが買原先生との衝撃の出会いでした(笑)。

出会いから現在まで
ラグビー部時代の買原先生は、日々の練習を黙々とこなし『凡事徹底』を信条とする選手であり、試合でも決して派手なプレーは望まず、メンバーのため・チームのためにプレーする、そんな選手(人柄)でした。

そして、まず思い出すのは、国家試験の前日に『自分を信じて頑張ってこい!』とメールしたことですが、その後歯科医師となり、進路相談をされ『麻酔科に行きたいのですが、こばけんさんはどう思われますか?』と聞かれたことも思い出します。そのときも、しっかりと自分の信念を持ち、目の前の進路選択に悩む真摯な姿勢がひしひしと伝わってきました。その彼の姿に感動すら覚えたものです。

その後、歯科麻酔認定医を取得した現在でも、一般診療をはじめ、全身疾患等の問題を抱えた患者さまに対してもしっかりとした診療を行っているようです。

●買原先生の仕事ぶり
診療の中で、しばしば静脈内鎮静法を必要とする場面に遭遇しますが、そんなとき、信頼できる麻酔科医の存在は必要不可欠です。

あるとき、当院の患者さまである著名な方に対し、静脈内鎮静法を必要とする機会がありました。お仕事柄、なかなか時間が取れず、予約も直前にならないとわからないような状況でした...。さて、実際に予約が入ったのですが、肝心の麻酔科医が見つからない状態に陥りました。

そこで、無理を承知で買原先生に電話で相談したところ『喜んで、行かせていただきます!』と快諾していただきました。しかし、その患者さまは2回の静脈内鎮静法が必要であり、あいにく買原先生はそのうち1度しか予定が合わず...、これは、困りました。

しかし、その買原先生から『妻の玲子も麻酔科医ですのでスケジュールを確認してみます』との返事。結果として、奥様の玲子先生にも静脈内鎮静法をお願いすることができ、無事に治療を終えることができました。後輩とはいえ、その親身な姿勢には心から感謝したものです。

買原先生・玲子先生のお仕事ぶり
<買原先生>
上記の静脈内鎮静法の際に見させていただきましたが、ラグビー部時代のプレースタイル(『凡事徹底』、やるべきことをきちんとこなす)がそのままに反映された堅実なスタイルでした。また、コミュニケーションという点でも、患者さまに実にていねいにお話をされていました。

<玲子先生>
一見派手な感じに見えますが、細やかな心配りをされる方で、買原先生同様に堅実なスタイルで治療に臨まれていました。

とても安心感を与えるお二人でした。

私(小林)から期待すること
ぜひ、麻酔専門医というメリットを活かし、そして、大学時代から得意とするプレースタイルである堅実な治療を持ち味とし、長崎県内はもとより九州全体の各方面から来院されるであろう患者さまを、一人でも多く笑顔に、そして幸福にしてもらいたいと期待しています。
それでは、お互いに頑張りましょう。

皆さま、買原先生(たがみ歯科医院)をどうぞよろしくお願い申し上げます。

小林 建(こばやし けん)先生
【プロフィール】
神奈川歯科大学歯学部卒業
都内歯科医院にて歯周病、インプラントについて学ぶ
都内矯正歯科医院にて一般歯科院長歴任
一般矯正歯科治療について学ぶ
芦屋市歯科医院にて審美歯科・インプラント治療について研精をつむ
渋谷区神宮前にて「ルネス青山デンタルクリニック」開業

【所属学会】
日本歯周病学会正会員
AO(AcademyofOsseointegration)activemember
ICOI(国際インプラント学会)
AIAI(ドイツ最大インプラント学会傘下団体)

ルネス青山デンタルクリニック
東京都渋谷区神宮前5-38-4
URL:http://www.renaissadc.com/

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください