歯周外科治療

歯周外科治療当院では、歯周病の進行状況によって歯周外科手術をご提案しています。歯周外科手術の目的は、歯を支えている骨や歯肉を健康な状態に戻し、歯周ポケットを正常な範囲の深さにすることです。一般的に、歯周外科手術が適応されるのは中度歯周病以降です。

また歯周病は、進行すると歯肉が痩せ、歯の根がむき出しになってしまうことがあります。その場合は見た目の美しさを考えて、移植手術なども行っております。いずれの手術も、豊富な経験と知識を有するドクターが症状や患者さまの体調に合わせた治療をご提供しています。

歯周外科手術にはさまざまな方法がありますが、中でも代表的なものをいくつかご紹介します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
比較的軽症の場合に行う手術です。歯肉に麻酔をし、スケーリングやルートプレーニングでは取り切れない歯周ポケット内の歯肉や歯石を除去します。

フラップ法
歯根の歯垢・歯石除去に加え、歯槽骨の清掃やダメージを受けた歯肉の切除を行って歯肉の改善を図ります。

歯肉切除
歯肉が腫れてしまっている場合、歯周病が悪化しないように不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術であるため、時間で行うことができます。

歯肉移植
プラーク中の細菌や歯ブラシの刺激に負けない丈夫な歯肉を作るために、組織の強い部分を弱い部分に移植して歯肉を再生します。上あごの内側から結合組織のみを採取するCTG(結合組織移植)や、上皮の付いた歯肉を切り取るFGG(遊離歯肉移植)があります。

GTR法(組織誘導再生法)
歯周病によって失われた骨の部分にメンブレンという特殊な膜を被せ、骨を再生させる治療方法です。膜の上の歯肉が再生し、さらに膜の下の歯槽骨がゆっくりと回復してきます。

エムドゲイン
手術部位にエムドゲインゲルを塗布し、歯の発生過程に似た環境を周囲に再現することで、失われた歯周組織を再生します。現在、世界中に普及し、安全性が高い効果的な治療法とされています。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください