同じ母親目線でのアドバイス

小児歯科お子さまの治療にあたるのは、子育て中の歯科医師。母親としての目線も大切にしてアドバイスをしております。

たとえば「むし歯になるから」という理由で、1歳半で断乳を進める歯科医師は多くいます。それで悩んでいるお母さまも多く見かけますが、母乳を与えることで精神的なつながりができることも事実です。お母さまがそれを望み、予防をしっかりできるのであれば、やめる必要はないと当院では考えます。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください