むし歯が進行してしまったら根管治療が必要です

当院では、ラバーダムによる再感染の防止、マイクロスコープを使った緻密な治療、歯科用CTを使った正確な診断を徹底し、精度の高い根管治療を実現しています。
出来るだけ保険診療で対応させていただいておりますので、まずはご相談下さい。

根管治療

歯が痛いのに放置してしまうと、歯の奥深くまでむし歯は進行してしまいます。そして神経まで達して、激痛、歯ぐきの腫れ、炎症による膿みといった症状が出てくると、歯を削って根管内を洗浄する必要があります。

当院ではできる限り神経を残す治療を目指していますが、むし歯の進行状況によっては神経を取らなくてはなりません。神経を取るには歯を多く削らなくてはならない上、栄養が歯にいかなくなるので、歯の寿命は大きく縮まります。

根管治療には複数回の通院が必要ですので、ここまでひどくなる前に必ず治療を受けましょう。また根管内の汚れの除去を徹底して、削った穴をぴったり埋めないと、再発の危険性が高くなります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください