【当院の根管治療の特徴3】歯科用CT

歯科用CT根管治療で大切なのは正確な診断です。診断にはさまざまな手段を用いますが、その中でも画期的なのが歯科用CTです。歯科用CTを利用することで、今まで2次元的にしか見られなかった病巣を高感度・高解像度の立体(3D)画像として確認できます。

レントゲンではわからない骨の奥行きや幅、厚み、歯の状態を正確に知ることで、より適切な診断・治療ができるようになります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください