入れ歯(義歯)

歯を失ってしまったときに、誰でも噛む喜びを取り戻せるのが入れ歯です。当院では、小林歯科医院の経験や技術、そして入れ歯に対する姿勢を未来につなげるためにも、ていねいな入れ歯製作を心がけております。

入れ歯

高齢化が進み、入れ歯の需要も増えてきました。それに伴い、入れ歯の素材や種類はどんどん増えています。常に、そのとき、その患者さまにとって一番よい入れ歯が何かを判断できるように、一生勉強してまいります。小林歯科医院からたがみ歯科医院へ、技術だけではなく姿勢も含めて継承いたします。

患者さま一人ひとりに合った入れ歯製作を

入れ歯製作以前作った入れ歯が「外れてしまう」「噛めない」「痛い」という悩みを抱えて訪れる患者さまが、当院には少なくありません。どうしてそのような不満が出てしまうのかは、お口の中を見ればすぐにわかります。当院では以下のような方法で、満足度の高い入れ歯製作を心がけています。

●患者さまのお口の中の状態を見極めて1つずつていねいに作る
●患者さまのお話や感想を聞きながら作る
●審美性や装着感など、患者さまそれぞれのこだわりに応える

保険診療内で最高の入れ歯を目指す

入れ歯当院で製作している入れ歯は、保険が中心です。作り方や材料を工夫することで、その患者さまのお口に合う、ご満足いただける入れ歯をお作りいたします。

保険診療で満足する入れ歯ができなかった場合には、外す習慣がついてしまう前に、必ず問題点を当院にご相談ください。その場合、装着し続けることができる入れ歯を製作するために、自費メニューをお勧めすることもあります。

主な自費の入れ歯メニュー

金属床義歯金属床義歯
金属を使用して薄い床に仕上げた入れ歯です。金属なので丈夫で、食事の温度が伝わりやすいのが特徴です。床が薄いのでお口の中のスペースが確保されるため、違和感が少なく発音もしやすい入れ歯です。

シリコンデンチャーシリコンデンチャー
シリコンを使用して柔らかい床に仕上げた入れ歯です。歯ぐきにあたる部分が柔らかいので、入れ歯で痛くなりがちな方に向いている入れ歯です。

インプラント義歯インプラント義歯
インプラントを埋め込み、そこに入れ歯を固定させる方法です。お口の中で入れ歯が動かないので、装着感もよく噛みやすいと患者さまからの評判も高い入れ歯です

命を守るために「歯を残さない」という選択肢

自力で歯が磨けなくなってしまった場合、困るのはむし歯や歯周病だけではありません。不十分な歯みがきが原因で、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。当院では命を守るために「歯を残さない」という選択肢をお勧めすることもあります。

●誤嚥性肺炎とは
唾液や食べ物などの細菌が気管に入り込むことで発症する肺炎です。歯みがきをしっかり行わないと、お口の中の細菌が繁殖してしまい、肺に入り込む危険性が高くなってしまいます。特にご高齢者では、嚥下能率の低下に伴ってリスクが高くなる傾向があります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください