主な最新の設備

歯科用CT歯科用CT
歯科用CTは、コンピュータ上で骨を3D再現できる装置です。CT撮影装置とコンピュータ処理により、撮影データを3次元的に構築します。レントゲンではわからない骨の状態などを正確・高精度に診断できます。

マイクロスコープマイクロスコープ
治療によって、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要な場合があります。マイクロスコープを使えば、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理が飛躍的にアップします。

デジタルレントゲンデジタルレントゲン
デジタルレントゲンは、通常のレントゲンよりも被曝線量が5分の1です。そのため、患者さまの体へのリスクを軽減することができます。また、患部をモニターで拡大して見ることができるので「わかりやすい」と好評です。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください