歯科治療恐怖症、嘔吐反射などでお悩みの方へ

歯科医院から足が遠のいてしまう理由は人それぞれ。「トラウマがあって怖い」「治療中にオエッとなってしまう」という方も少なくありません。そんな方こそ、勇気を奮い立たせて当院にお越しください。

治療への不安を解消

「歯医者が怖い」「治療が不安だ」という理由でむし歯や歯周病を放置してしまうと、結局は何度も通うことになったり、歯を抜かざるを得なくなったり、余計に怖い思いをしなくてはなりません。

もしかしたら、歯科治療恐怖症?
歯医者に来ると、緊張して胸がドキドキし、アブラ汗が止まらない......。こんな経験をしたことはありませんか?それは歯科治療恐怖症の可能性があります。昔の治療のトラウマが原因かもしれませんし、白衣そのものに恐怖心があるのかもしれません。

お口の中の異物を感じて「オエッ」となる嘔吐反射治療への不安を解消
お口の中に入ったものに過剰に体が反応して「オエッ」となってしまう方も多くいらっしゃいます。もちろん歯みがきも苦痛であるためむし歯になりやすいのに、お口の中に器具が入るのが不安で歯科医院から足が遠のいている方もいらっしゃいます。

これらの症状は、決して珍しいものではありません。歯科医院が怖い方、治療に不安がある方は、勇気を奮い立たせて当院にお越しください。当院では、怖さや不安を解消する治療を心がけております。

静脈内鎮静法で恐怖症や嘔吐反射を防ぐ

「治療ユニットに座っただけで気分が悪くなってしまう」
「嘔吐反射が強く、お口の中に器具が入るとすぐに吐き気を感じる」

恐怖症や嘔吐反射を防ぐこういった方にお勧めなのが、静脈内鎮静法です。静脈内鎮静法とは、静脈内に麻酔を打ち、ウトウトしている間に治療を終わらせる方法です。この方法で、歯科治療恐怖症や嘔吐反射のお悩みを解決することができます。(※静脈内鎮静法は自費診療となります)

ただし静脈内鎮静法は、年齢・体重・基礎疾患などにより、すべての症例に対応できない場合があります。また、歯科治療恐怖症の方は、全身麻酔が必要となる場合もあります。これらのような場合は、大学病院へ紹介させていただきます。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください